【Excel Tips】土日祝祭日の日付に自動で色を付ける

この記事の要点

Excelのシートに、土日と祝日の行に、それぞれ別の色をつける方法です。

次のサンプルファイルをダウンロードして実習に使ってください。

TEXT関数とCOUNTIF関数を使って、条件付き書式を設定する。

最終的に下図のようになります。

TEXT関数で曜日を表示しておく

これはみなさんご存知で、よく使われていると思います。

B列に、「=TEXT(A4,"aaa") 」と 数式を入れてオートフィルすればよろしいのですね。

(条件付き書式にはB列は使わないので、この列はなくても構いません)

条件付き書式で、土曜日に色を付ける

スケジュール表の全体(例ではA4:C34)を範囲選択します。

「ホーム」タブから「条件付き書式」を選択し、「新しいルール」をクリックします。

「新しい書式ルール」で、

①「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選びます。

②「次の数式を満たす場合に値を書式設定」に次の数式を入力します。
=TEXT($A4,"aaa")="土"

条件式がTrueの場合に書式が有効になります。

A4の位置でF4キーを2回クリックして複合参照(Aの前だけ$が付く)にしておくのがポイントです。

③「書式」ボタンをクリックして書式設定に進みます。

「セルの書式設定」ダイアログボックスで、①「塗りつぶし」タブを選択し、あとは好みの色を選択して「OK」ボタンをクリックします。

「新しい書式ルール」ダイアログボックスに戻るので、もう一度「OK」をクリックすます。

土曜日の行が色塗りされます。

同じ手順で、日曜日に色を塗ります。条件式

=TEXT($A4,"aaa")="日"

に変えて好みの色を選択してください。

これで土日の判断はできました。

COUNTIF関数で祝祭日を判断する

次に「祝祭日」を判断します。しかし、Excelには祝祭日を判断する関数はありません。
そこでCOUNTIF関数を使います。

祝祭日のリストを作っておき、ある日付がこの中にあるかどうかを数えるのです。
数えた結果が「1」であれば、その日付は祝祭日であると判断できます。

土日の設定と同じく、スケジュール表の全体(例ではA4:C34)を範囲選択します。

①「ホーム」タブの「条件付き書式」を選び、「新しい書式ルール」で、①「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選びます。

②「次の数式を満たす場合に値を書式設定」に次の数式を入力します。
=COUNTIF($F$4:$F$21,$A4)=1

ここでもA4の位置でF4キーを2回クリックして複合参照(Aの前だけ$が付く)にしておくのがポイントです。

③「書式」をクリックして祝祭日の書式を任意に設定してください。

以上で完成です。2023年5月は5連休になることが確認できます。

例では創立記念日も設定してあります。

このように3つの条件がそれぞれOR条件で設定されています。

隔週で曜日を設定する方法

第1と第3金曜日に予定を入れたいなど、隔週でカレンダーに記入するってこと、結構ありますね。

その方法はこちらで紹介しています。土日祝祭日と併用すれば完璧ですね。

【Excel Tips】第1と第3金曜日に自動で色を付ける

毎月第1と第3の金曜日に定期的な行事があるので、カレンダーに自動的に色塗りをしたい、なんてこと、よくありますよね。 「来月の第2月曜日にアポを取りたいのだが、何…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です